しょうこ先生との日々。3

さてさて。

夜中までしゃべったあと、電気毛布のベッドでグーグー。
目をあけたら朝だった。
寝た寝た。

朝からレッスンだのなんだのと飛びまわり、
夕方またしょうこ先生の家に「帰る」。
暗い道をとぼとぼとぼとぼ歩いて、しょうこ先生の家が見えた。
なのに、道路の真ん中に水路があるから渡れない。
私、反対側を歩いていたんだよorz
ぐる~~っと渡れるところまで迂回して、やっと到着。

ピンポーン♪
よれよれの私「すみませぇん・・・・ピアノ教えてください・・・」

しょうこ先生満面の笑み「いっぱいだからダメで~~す!」

そんな元気よく言わなくたってぇ~(T_T)
とにかく、ただいま。

帰宅してすぐに、私はお風呂へ。
すごいんだまたこれが。ジェットバス。ごぉぉぉぉ~~~!
足の裏とたるんだ胴体にしゅばばばばば~ん。
おほほほ。極楽。

そしてまたごはん♪
で~っかい鶏肉のグラタンだよ~
c0016844_17564258.jpg


しかし、なんでこんなデカイわさび(笑)
c0016844_17574872.jpg


特別出演。しょうこ先生の手。
c0016844_180404.jpg

タコ食べてます。
「どう?マムシ指だよ」って自己アピール。
(マムシ指:ピアノ用語。親指の付け根がひっこむこと。)

そしてまた、粋なダーリン帰宅と同時におしゃべり宴会開始。
夜は容赦なく老けて更けていった。

帰りたくないよぉ~。

<完>
[PR]

by kabo518 | 2011-01-30 18:09 | 友だち