泣けない卒業式

本日、息子の高校の卒業式だった。
親が卒業式を忘れていたくらいなので、親子してのんびり。
長女もヒマそうにしていたので一緒に行く事になった。

まず学校に到着すると、クラスごとに親の出席の受付がある。
しかし(-_-#)
3年7組の所に行くと息子の名前がないじゃないですか(あぜん)
もしかして、単位が足りなくて卒業できなかったのか。なわけもなく、気を取り直して担任の先生の名前を言うと、「じゃ5組ですね」と言われる。ドッと受付で笑いが起こる。
私はこんなところでもウケをねらっているのか。ちゃうちゃう(笑)素でやってしまいました。
だって、毎年子どもたちのクラスが変わるからわけわからないのよ~~(T_T)
息子が5組だったのは1年の時だったのね。あ、いや、2年だったかな。・・・・まあいい。
とりあえず3年5組の席を目指して体育館に向かった。

体育館ではすでに吹奏楽部が練習を始めていた。
1年生の次女がここでフルートを吹いているのをニヤニヤして眺めた。
手を振ったらイヤ~な顔をされた。デジカメで撮影したらさらにイヤ~~な顔をされた。
ぷぷぷ。普段の仕返しだ~い。
ここの吹奏楽部は県大会で金賞をとるほどの腕前。
しかしイジワルな母は、おーピッチ微妙だねえ・・・・・などと思いながら聴いている。
まあがんばりたまえ(爆)

そしてとうとう卒業生入場。
この高校は私服なのでみんなどんな格好で出席するのだろうと思ったら、いやはや。
女の子たちの7割以上は振袖か袴姿。なんと華やかな。まるで成人式のよう。
残りの子たちは、コスプレ、民族衣装、そしてお水系。目が飛び出るかと思いましたよ。
何がどうであっても、あの裸同然のドレスはいかがなものか。あとで泣きを見るに違いないとオバサンは思った。だってこの気温・・・・
比べて、男の子たちは、9割以上がスーツ。うちの息子も普段着ているよれよれのスーツを着ていった。中には羽織袴の子もいて見ていて楽しかった。しかしスーツはスーツでも・・・頭を丸坊主にして(それも五厘)ちょっと方向の定まらない歩き方をしている、いわゆるチンピラ風な子もいてオバサンまたまたびっくり。君たち、な、、、なんか方向違うみたいだよ(笑)

去年の長女の卒業式では楽しいハプニングがいろいろあったので、この学校でもやんちゃな事をするのではないかと期待していたけれど、なーんにもなかった(笑)
そんな事よりも、とにかく寒い。
体育館の暖房装置はでっかい照明装置のような形をしたものでとても大きな音が出るため、式の最中は暖房を切ります、というお知らせをもらっていたので、それなりにカイロも用意して覚悟もしていた。しかーしだ。今日の仙台、事のほか寒い。体育館で暖房をしても暖かくなんかないのに、ましてや暖房を切ったらどうなるか。
私は今日号泣するつもりで行ったわけです、ハイ。なのに泣くなんてとんでもない。終始がたがた震えて思考がマヒしてしまった。もういい、はやく終れ。挨拶も短くていい。わかったわかった。とにかく終ってくれえーーー。
心の中で求めるのは暖かさだけ。さっきのお水系ドレスのおねいちゃんたちはすでに凍死しているに違いない。かわいそうに。
しかしこういう時に限って、長々としゃべり出す来賓の人とかがいるわけで。来賓紹介って来賓を紹介するだけなのに、紹介されてその場でしゃべりだす爺ちゃん(同窓生)がいるわけですね。気持ちはわかる。でもワタクシ寒いのよ。終ろうよ~~~~(T_T)

という事で、息子の卒業式は寒かった。以上(爆)

そしてなぜだかこのケーキ(笑)
おヒマな方は何個あるか数えてみてくださいませ。
[PR]

by kabo518 | 2005-03-01 22:01 | 日常