防犯用ブザー



我が家にはもう小学生はいないが、去年ここの小学校で全員に防犯用ブザーが配られた。
比較的大きめでてんとう虫の形をしていて、ライトもついている。
配られた直後は街のあちこちで子どもたちがブザーをピーピー鳴らして遊ぶ光景がみられた。
そして今日、車を運転していて下校途中の子どもたちのランドセルに大きな丸いステッカーが貼ってあるのを発見。
どの子もどの子もランドセルの真ん中に大きなステッカーを貼っているのだ。
これはいったいなに?
さっそく今日レッスンにきた生徒に聞いてみたところ、このステッカーを貼っているのは防犯ブザーを持っているという合図なのだそうだ。危険な事にあいそうになったとき、助けを求めてお互いに犯罪から身を守るということらしい。
画像は、違うタイプの防犯用ブザー。てんとう虫が壊れたので自分の家で買ったのだそうだ。こうして肌身離さず身につけている。
私が子どものころにも犯罪はあった。私も危険な目にあった。
しかし今はもっと多くの子どもたちが危険と隣り合わせにいる事を実感した光景だった。
今まで、ランドセルにつけるものといえば、1年生の黄色い交通安全カバーと安全手帳だったはず。それが犯罪防止のステッカーとは。しかも全学年全員。
子どものランドセルを買うとき、まさかこんなステッカーをでかでかと貼る事になるとは思いもよらなかっただろう。特に初めての子どもなら、親もわくわくして選んだであろうランドセル。
この先ますます世の中が不安定になっていくだろうし、子どもたちの安全は確保できるのだろうか。小学生だけでなく十代の若い子たちや学生も。
ランドセルのステッカーと防犯用ブザーで大いに考えさせられてしまった。

全く関係ないけれど、1年生の姿を見て目を細める年齢になったらしい。
以前は親の感覚で見ていたのに、今は・・・・・。
まあしばらく犬で我慢(笑)
[PR]

by kabo518 | 2005-02-09 22:42 | 日常