カッチャン

今日(日付かわって昨日というのですか)
末娘三女の三者面談があり、久々に中学校まででかけた。
あの、うんこ星人娘です。

中学校の駐車場入り口にはチェーンが張ってある。
誰でも簡単に入れないように、一手間かけさせるというわけだ。
だから、車で中に入ろうとすると、一旦車を降りてチェーンをはずして中に車を入れ、またチェーンをかけなければならない。
ちょっとめんどくさ。

でもまあいいか、と思って車で入り口まで行くと、
野球部の男の子が1人、ランニングをしていた。まだほそっこい。
私の車の目の前を通過したと思ったら、きびすを返して戻ってきて、
なんと、、、チェーンをはずしてくれたではないの!!!

・・・・・・・・・・!
かっわい~~~~!!!!!
きゃ~~~~~~~!!!!
なんて親切な男の子なんでしょお。
なんてさわやかなんでしょお。

ありがとう、と車の中からおじぎをして車を中にいれると、
またまた。
チェーンをもとに戻してくれているではないの!!!!

娘にきくと「カッチャン」なんだって、その男の子。
いや~~ん、いや~~~ん、かっわいいい~~~!!
オバサン、このさわやかさにカンゲキでございますーーーっ!

あまりのうれしさに大騒ぎしていると、
「わたしだってちゃんとよその人にやってあげているよ」と娘がボソっ。
「みんなやるよ」だって。
へー。

カッチャンえらい。みんなもエライ。
中学生たち、エライぞ~~♪
ここいらの中学生、みんなめんこちゃんだ。
[PR]

by kabo518 | 2005-11-23 02:10 | 日常