美女と野獣

おはようございます(-_-;)
昨日悪ふざけをしたバツでしょうか。今朝はマジで吐き気です。
しばらく甘いものは禁止ですな。う~~~、、、オエッ、、、。

しかし、
週の途中で休みが入ると調子が狂う。
こういうの苦手。昨日はなんだか土曜日感覚になってしまって。
仕事頭スイッチのオン・オフをしているので、
「よしいくぞ!」(こういう名前の人いたよね)モード全開じゃん。
なのに、途中でオフにしてしまうと、電源入れても起動するのに時間がかかる。
少々バグりもあり。
カレンダー見たら23日も赤い日じゃん。どーしよ。
いっそのコト、周辺全部休みにすっか???
というわけで、
今日のレッスンに来る諸君、センセは遊びモードだからそのつもりで(爆)

例によって前振りが長い。どうにかせいっ。









昨日エンドーチホという友人が来てボソっ言った。
内容はこう。

原作によると、
「美女と野獣」の野獣が王子に戻った日は21才の誕生日。
そして、野獣だった期間が10年。
ということはだ。
醜い老婆を見かけで判断して追い返してしまった時、王子は11才ではないか。
11才の少年が人を見かけで判断して、それの罰としてあんな姿にされてしまうのはいかがなものか。
その、老婆に変身した魔女だかっつーのはいったい何様だ?
とさ。

ほおおおおお。
たまにはオモシレーこと言うじゃんアンタ。

確かになー。
あの話そのものがひどすぎるしな。
そう考えると、ディズニーで扱う話は残酷なのが多いし。
ノートルダムの鐘だっていろんな問題を含んでいるもんね。
だいたい・・・・白雪姫の顔ってホントにかわいい?あれが美人??
継母に嫉妬されるほどきれい???継母の方がきれいでないか。
どこから見ても色が白いだけで、田舎娘~~・・・だと思うんだけど。
(あああ、、、とうとう言ってしまった)

気を取り直して話をもとに。
たかだか11才の男の子だ。
そもそも親やまわりの人間は何をしていたんだろう。
誰かが訪ねてきたからって、王子自らが応対するわけ?
あれだけたくさん召し使いがいるのに。
じゅういっさいだよ。
「ど~も~~!HGで~す、フォ~~~!!」と言いながら腰振っているような年齢でしょ。
まったくもってひどいハナシだ。
私が助けに行ってやる。その魔女を追っ払って私が城に入れてもらう。
そして大きな部屋をもらってでっかいグランドピアノも置いてもらって、
毎晩晩餐会で、おいしいものを食べるのだ。ムフ。
一緒にお城で暮らしたい人は非公開コメントにてお知らせ下さい(まじかよ)
[PR]

by kabo518 | 2005-11-04 10:06 | 日常