日本語

難しい文学がわかるわけじゃない。
高校時代、国語の成績も悪かった。
本の虫というわけでもなかった。
でも、言葉そのものにずっとずっと興味はあった。
言葉遊び、だじゃれ、ツッコミ・・・・
このごろ更新していないからすっかり忘れていたけれど、
よく考えてみればHP「かおる亭」には「おもしろ言葉」のコーナーまで作ったんだよな・・・。

しかも、リビングではなく自室の本棚に置いてあるのはこんな本だったりするし。
これ買ったのは何年前なんだろう。もう覚えていない。
この10年くらい、ずっと言葉の事を頭のどこかで意識してきたように思う。
もし10年前に校正の勉強を始めていたら、今少しは仕事ができるようになっていたんだろうか、、、、なんて考える。
でも違うんだよね。あの時はできなかったから今始めたんだよね。
今ここで勉強を始めなければ、きっと5年後に「ああ、5年前にやっておけば今ごろ」なんて後悔しているに違いない。




広辞苑第四版を買ったのも9年くらい前。何を思ったのか、いきなり書店で買ってきた。重くてかさばるのに何のために。
そのあと「ことばの知識百科」という辞書風の本を買った。
日本語の正しい知識がほしいと、頭のどこかで思っていたに違いない。
そして昨日アマゾンで注文した「類語辞典」が今日届いた。
高いわりにはちょっとしょぼいんでないの?と言いたい辞典だけど、字が大きめなのは老眼に優しい(笑)
明日は「記者ハンドブック 新聞用字用語集」という本をアマゾンに注文する予定。
そして電子辞書は、校正講座が終わったらお祝いに買うんだ。


放送禁止用語、差別用語、著作権はもちろん、歴史文化一般常識地名人名年号スペル横文字カタカナ語生物専門用語ひ~~~~っ・・・・・(#/__)/ドテ

全部調べりゃわかる事だけど、でも校正が赤ペン1本でできる、、、なんてウソウソ(笑)

私の辞書と書籍集めはまだまだ続くもよう。
(ちゃんと理解しろよ~~)

だいたい、知識欲出てくるのが遅すぎなんだよね。
これがどうして若いうちにできなかったか、と。
今の感覚で若い頃に戻れたらうんと勉強するだろうに。
身勝手なもんです。ハイ(-_-#)

にほんごむずかちいでちゅ。
[PR]

by kabo518 | 2005-08-14 22:14 | 勉強