日常と備蓄

かおる亭は、もうすっかり震災ブログになってしまったけど、
いつかまたもとのバカブログに戻れるといいな。

そんな日が来るのがまた遠のいたと思わされた今日。
なんという地震の数。
震度1以上が22
そのうち、震度3以上が7

もう安心して暮らせる時ではないのよね。
地震、原発とウルサイ、と言われたらそれまでだけど、
これだけ多くの兆候があり、それでもなお最低限の備えをしていないなら、
それはあまりにも愚かというもの。

災害が起きて3日もすれば、水や食料の情報が入ってくるので、
とにかく3日分の水と食料と非常用品の備蓄をおすすめします。

用意してしばらくなんにも来なくても、油断しないこと。
災害はいきなり来るから。

期限切れになるからって、無理にミネラルウォーターを飲む必要はないよ。
期限切れの水は生活用水に。用途はいくらでもあるし。

震災前も震度5は何度も経験したけど(どんだけなの宮城)
震度5と震度6は全くダメージが違う。比較にならない。


いつも食べ慣れたもの、慣れ親しんだものは大事。
今日バンホーテンココア2kgを買った。
震災後ココアを切らしてしまって、とても頼りなくなった。
日常を失ってしまったことを実感した。
もらいもののバナナと、もらいもののココアで、私はどれだけ力をもらったか。
あの時の気持ちは忘れられない。

味付け海苔でも、ふりかけでも、梅干しでも、
普段食べ慣れたもの、いつも日常にあるものもさらに強化しておこう。
それがどれだけ心に力をあたえてくれるか。
その時にわかるから。

人間にとって、日常こそ全て。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ

[PR]

by kabo518 | 2012-01-28 23:58 | 震災・支援