いろんな事情

c0016844_21305917.jpg

カインズホームに行くと、反射式石油ストーブがこの値段だった。
これでもかなり安い。

しか~し。
今回まとめて発送した反射式石油ストーブは、6980円。しかも送料無料。
こんなに安いのを東京の友だちが見つけてくれた。
東京から東北に送ってもタダ。すばらしいんでないかい。
友人に大感謝!

いろんな情報をもらう。
どこそこでこんな人がアパートに入るよとか、
あそこのこんな人が7人家族で仕事がないよとか、
こんなあんな人が仮設にはいるよとか。

放っておけますかっての。
c0016844_213702.jpg

だって、な~んにもないんだよ。
お玉の1つさえ。

岩手県では、仮設の追加工事が始まっているとのこと。
スチール1枚だった壁が二重になり、玄関前も風除けの扉がつくそうで。
宮城県はそこんとこどうなってるんでしょう。
沿岸部のすごく近い地域でも、岩手県と宮城県の線引きがあるから、
かなり対応の違いが出てきている。

宮城県はやはり被害範囲が広いのと、東北で一番人口が多いのも関係しているのかな。
義捐金も沿岸部は出ているけど、内陸部での全壊・半壊家屋への義捐金はまだ出ていないという話しを今日聞いた。
宮城県は内陸部の被害もそこそこあるのに、どうしても沿岸部が先になるので。
その話しをきいて、やっぱりこれは宮城沖地震なんだなと、実感した。
関東まで連動した地震になってしまったけど、必ず100%来るといわれていた宮城沖地震。
本当にきちゃったけど、宮城沖地震なんてレベルじゃなかった。広すぎた。大きすぎた。

仙台という大きな都市のある宮城県。
公営住宅はもちろんのこと、賃貸住宅も探すのに一苦労。
とにかくナイ。以前のようにあれこれ選べるほど数がない。
それに加えて、仕事がナイ。
仙台でさえ一苦労なのに、石巻や気仙沼や県南ではなおのこと。
それが山間部や小さな町になると、いわずもがな。
自立しようにも、どうやって自立したらいいのか、わからないと思う。
仕事のある人はラッキー。そう言わざるを得ない。

仕事のある私でも、3000円のものを買うのに勇気がいるよ。
仕事がなくて家族のたくさんいる人が、お米買うときどんな気持ちだろう。
味噌がなくなって、スーパーの棚で398円の味噌を見たとき、安いと思えるはずがない。
仮設やアパートに入る事になって、すべてゼロから生活用品を用意する時、
つっぱり収納棚をレジに持っていけるだろうか。
私だったら、持っていけないだろうな・・・・。
手にとって、迷って迷って、陳列棚に戻すと思う。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ


最近ネットショップで買い物をすることが多いので、
ここであまり報告してませんでした。
買ったものをざっと。

お米たくさん、布団15、伸縮押入れ棚、押入れチェスト、
こたつ4つ、こたつ布団、食器棚、カラーボックス、米びつ2
オーブントースター、レンジ台、ベビー布団、ベビー用品、
パイプハンガー、ワイドチェスト、台所用品一式、食品、衣類、
ドライヤー、ヘルスメーター、ストーブ、などなど

ありがとうございました
[PR]

by kabo518 | 2011-08-30 22:07 | 震災・支援