私もそうなりたい

1軒の被災したお宅のまわりにはたくさんの被災者がいる。
親戚や、知り合いの多くが被災しているケースがほとんど。
そして、そういう中に必ずといっていいほど、ステーションになっている中心人物がいる。
そういう人は、自分が被災しているにもかかわらず、まわりの面倒をみて、
支援品が来ても、人にどんどん配って、自分はほとんどもらわない。
自分より弱い立場の人、困っている人を優先する気持ちになるのだろう。
お米をドサッと持って行っても、他の人にどんどん分けている。

私、そんなことできるかな・・・。
すごく考えた。
お米って、本当に貴重なもの。
お米さえあれば、とりあえずなんとか生きていけるから。日本人だしね。
その貴重なお米を、まわりの人にどんどん配れるかな。
いや、配れる人になろう。

明日はそういう人の所に行く。
まわりにたーーーーーーーーくさんの人がいるから、何がいくつあっても余らないのだそうで。
だから遠慮なく、リビングにあるすべての支援品を、小さな車に詰め込んだ。
箱はかさばるので、仕分けしてから袋に入れて。
(ビールが見えてるよ・笑)
c0016844_2348210.jpg


久しぶりに「歩けるリビング」
c0016844_23484497.jpg

お米は数百キロドーンと置いてあるけど、他の部分はきれいさっぱり。

現在、ストーブ支援展開中。
多分一番台数が多いであろう第一陣発送の準備に入っている。
ストーブ支援は天王山。
うまくいくかどうか、今が勝負。
絶対、扇風機の時のような思いはしたくない。

毛布もどういう形で支援しようか、検討中。
できるだけ私の所に在庫をおかず、お店から直送できるように。
こういう時、ステーションになってくれる人がいると、本当に助かる。
みんなで連携プレー。
被災していようがいまいが、みんなでまわりの人を助ける。

私は潔い人たちとたくさん出会った。
明日は東松島へ。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ

[PR]

by kabo518 | 2011-08-27 00:00 | 震災・支援