プロ用工具を支援する意味

釘打ちの許可が出たから、網戸がついていた!
c0016844_2122234.jpg

これでこの夏は安心!よかった~(T_T)
仮設だって少しは融通きかせてほしいよね。

この春から幼稚園の予定だったボク。
友だちが全然いない仮設でひとりぼっち。
補助輪つき自転車を届けた。
もう、毎日毎日これに乗っているそうで。ここらでは有名なんですと(笑)
かわいいね~♪
c0016844_2143984.jpg



今の私の望み。
支援が終わって、またピアノオンリーの日々に戻ること。

支援がイヤなのではなく、
はやく支援がいらない状態になってほしい、という意味。

「好きでやっているわけではない」なんて言うと誤解を招きそうだけど、
でも、やりたいやりたい!と支援しているわけではないし、
支援を生きがいにしているわけでもない。
ただ、これが人の道だからやっているだけ。

早く終わってほしい=みんな元気になってほしい

のんびりするどころか、朝から夜まで飛びまわり。
昨日は県北、今日は県南。宮城県縦横無尽。
ちょっとの時間を争う事もあるし、後回しにしたらこじれることもある。
だから動ける時に動く。
運転手は長女。いつも一緒に助けてくれる。
しかしさすがに今日は処理能力がついてゆかず、
高速を反対方向にはいってしまうわ、インターを1つまちがってしまうわ、
料金所出てから反対方向の道路に出てしまうわ、
もうてんやわんや。
落ちつけ!がんばれ!

支援品を買いに大きなホームセンターに行ったついでに、
大工道具、電気設備工具を見てみた。
ああ、インパクトドライバーの14.4Vってこれね、丸のことサンダーと、
溶接用サングラス、なるほど。
でもほとんどのものは見分けがつかず、何が何だかさっぱりわからない。
丸のこといっても、2万くらいのものから数10万ものまで。
こりゃやっぱり素人の手には負えない。わからない。

大工さんや電気工事屋さんを個人的に支援する事ができるのかどうか。
それはわからない。
でも言える事は、こういう仕事は復興に直接つながっているということ。
それぞれの家族の生活が整うというだけではなく、
この方たちが働けば働くほど、地元の復興が進む。
だから力を入れて応援している。

お願いします。
プロ用の機械は高いです。新品など用意できません。
だから情報を拡散してください。
譲っていただけるものの情報をお待ちしています。


多くの人にみてもらえるように、応援してね!
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ

[PR]

by kabo518 | 2011-08-08 21:28 | 震災・支援