新しい生活のために

イオンに出かけ、ありとあらゆる生活用品の買い物。
1軒の家が新しい生活を始めるのに、とりあえず必要と思われるものあれこれ。
大きなカートにいろいろ積んで、どっさり積んで、
その1つ1つのバーコードを読み込んで、支払い。
袋に入れたりなんだりしながら、

「大変ですよね」

レジの店員さんが言う。
この荷物の内容を見て、何を意味するのか察してくれたのが、
ちょっと嬉しかった。

「仮設に移るんですよ」

私の言葉に、真剣に頷く。
東北のイオン。空気で分かり合う。

ぜいたくなものなんて何もない。
ただ、日用品くらいは新しいものを、と思うくらいで。
ホットプレートが1000円だったので、即買い。
もちろんいいものじゃないから、とりあえずね~の品質。
スプーンやフォークも、ともすれば100円ショップより安いもの。

家族を亡くし、暑さ寒さ、ダンボールとほこりとハエの避難所で耐えた4カ月半。
いったいどんな人生・・・。

気持ちだけは高級品のつもりのベストプライス。
買い込んだ荷物を乗せた車。
信号待ちで、わけもわからず涙が出る。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ

[PR]

by kabo518 | 2011-07-28 01:12 | 震災・支援