嬉しい知らせはやっぱり赤ちゃん

今週2度目の石巻。
今日はカナダからのお客さん2人と友人1人を、私の暴走車に乗せて。

いつもは通過するだけの南浜。
今日は石ノ森萬画館のある中州の橋を抜けて、街の様子も見られた。
まわりの住宅やお店が壊れている中、
三色ねじり棒をくるくる回している床屋さんがあった。
「営業再開!」とガラス窓に紙が貼ってあった。
おめでとう!!と拍手をしたくなったけど、
私が拍手をすると同乗者に危険が迫るのでやめた(笑)

遠くにいると、テレビで見る画像が映画のように感じる、、、と、カナダ在住の方。
でもそれは、私たちにも同じこと。
自分の身に起きた事ではないから、実際の様子も、体験した恐怖も、想像でしかわからない。
でも、実際に全てが破壊された場所に立ったり、避難所の様子を知ると、
テレビとは違った気持ちになるのは確か。
自分がどうしたらいいのか、どうしたいのか、考える機会にはなる。
少なくとも、私には。

運転を終えて、夕方家に到着。
車を降りる前に、着信があった2件に電話をかけ直した。
1件目「赤ちゃんができました!」
2件目「赤ちゃんが生まれます!」

なんと!!
両方赤ちゃん!

2件目は出産が9月だというので、ベビー組布団を支援。
さっき手配完了。
もしこれが20年前なら、ネットを使っての支援はあり得なかった。
でも今は、知らせを受けて即手配すれば、買いに行って届けるよりも早い場合も多い。
それがパソコン前でできるのだから、効率の良さといえば抜群。

他にも、妊婦さん、赤ちゃんを抱えたママが何人も。
先輩ママ&ババのみなさん、出番ですよ♪
スタンバイOK?
紙おむつ&おしりふき、母乳パッド、ミルク&離乳食などの消耗品、
哺乳瓶、ブラシなどの赤ちゃん用品など、
みんなで楽しんで赤ちゃんとお母さんを支援しましょう!


応援してね
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ


大工道具・組ノミの支援をお願いします!

[PR]

by kabo518 | 2011-07-22 22:22 | 震災・支援