実際に聞いてわかること

雨。よく降るね。
九州方面は大丈夫かな。
東北も梅雨に入ったとたん雨。あたりまえか。
でも、もうちょっと小降りでもいいような・・・大雨警報とかやめてほしい。
c0016844_22533816.jpg

高速道路用の罹災証明書をもらったので、使いまくり。
さすがに出口が混む。一般出口をもう少し増やしてほしいところ。
ETC出口はスカスカ。
でも、この制度を知らない地元民もけっこう多い。
おーい、もらわないとソンだよ~。高速タダだよ~。

「流されたミシンと同じ色なの♪
 私のミシンが戻ってきたみたい♡」

c0016844_2313857.jpg

同じく支援品で受け取ったインド綿の生地を、夏用ラグに変身させていた。
裏地もつけて、2枚。
暑い日でも、畳がべたべたしなくて気持ちいい、って。
生産性のある、ミシン、生地、道具。

今日は子ども用自転車の支援をした。
4月から幼稚園に行くはずだった男の子。
でも幼稚園も家も流され、仮設には友だちもいない。
「みんな幼稚園に行った記憶を持っているでしょ。
でもあの子にはずっと幼稚園の記憶は持てないのよね」
・・・そうだなぁ、としみじみ思う。
もちろん、幼稚園に行けなくなった子どもはたくさんいる。
そのすべての子に何かをできるわけではないけど、
個人支援だから、する方も受ける方も個人。目の前にいる人に支援する。

補助輪つき自転車は、呼びかけても中古はとうとう出てこなかった。
ならば買いましょう。
被災した自転車屋さんが、被災した子のために、できるだけ安くしてくれるという。
よし!どうせお金を使うなら、被災した所から買おう。
もしかしたら全く利益がでなかったかもしれないけど、
自転車の組み立てから一所懸命してくれた。
いつもはムツケの5歳児くんも、今日ばかりはちゃんと言えた「ありがとう」。
(むつけ:宮城の言葉で、機嫌をそこねる、すねる、という意味)

もう1台は3年生の男の子へ。
津波が1階を越えて2階まできたので、おじいちゃんや妹たちと屋根裏部屋まで逃げた。
おばあちゃんは津波がくる直前まで、車に荷物を詰めて、逃げる準備をしていた。
みんなの荷物を必死に積み込んでいたおばあちゃん・・・車の中で苦しそうに亡くなっていた。
屋根裏部屋に逃げた他の家族は、家ごと濁流で流された。
屋根裏部屋にいたまま、ものすごい速さで流されるという、大変な経験をした子どもたち。
家族を守ろうとした大人たち。
屋根がひっくり返っていたらダメだった。でも運よく屋根裏だけは無事に流された。
想像してみようと思うけど、あまりに怖すぎて想像できない。
地震で家が揺れただけでもあんなに怖かったのに。

子ども用自転車よりも先に、生活の足である大人用だと思っていた。
でも今日実際にこの話で事情を飲みこんだら、支援しよう!と決定。
やっぱり実際に話しをきいてみなければわからない事だらけ。
だから現地に行く必要がある。メールだけで「○○が必要」と言われても事情がわからない。
なのになのに。
「学校で自転車が禁止されている」ということが判明。
泣く泣く3年生の自転車は、支援断念。
きっと理由があるんだろうけど、でも私には理解しにくい山元町ルール。

家といえば、3月11日午前中に新築の家の引き渡しがあり、
鍵を受け取り喜んで数時間後。
住む事もなく家を流されたという、嘘のようなホントの話しも。
それでもローンは残る。
夢のマイホーム。
建てた人はどういう工程を経てここに至るか、わかると思うけど、
設計、壁紙、照明、床材、キッチン、などなど、いろんな細かい事を楽しんで決めたはず。
地鎮祭が行われ、基礎が作られ、どんどん現実になっていく我が家。
できあがった時、どれだけ嬉しかったことか。

仮設や避難所に行くと、こんな話ばっかり。
悲しい話しばっかり。

「自分がこの立場になるなんて思わなかった。
 阪神大震災の時、もっとちゃんと支援金送るんだった・・・
 私は何もしなかった・・・意識も薄かった・・・なってみてはじめてわかったのよ。」
と、遠くを見つめながら語る言葉に、
私もそうだった、テレビを見ているだけだった、、、と、何も言えなかった。

++++++++++++++++++++++++++

新しくこんなに良いオーブンレンジが来るとは本当にビックリしました。
まだ親戚の家にお世話になっていますが、
家が決まって落ち着いたら大好きな料理を沢山したいと思います。
有難うございました。

c0016844_23415084.jpg



知ってもらうためにも、応援してね!
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ







c0016844_23425022.jpg

c0016844_2343342.jpg


食べ終わって改めて見たら、
これ、すり鉢じゃんね!(笑)
c0016844_2343507.jpg


明日から気温あがるみたい。
雨の被害が大きくなりませんように。
[PR]

by kabo518 | 2011-06-27 23:46 | 震災・支援