個人支援の意味

すべての人に知り合いがいる。
みんな誰かに助けてもらって生きている。

知り合いが知り合いを助ける。
1人で助けるみんなで助ける。

助けられたら、今度は自分が助ける。

これを続けていけば、みんなが助かる。

きまりとかシステムが邪魔な場合もある。

スピード勝負。

個人は全体を助けられないけど、
個人は個人を助けられる。
公平は第一優先ではなくて。
ピンポイントでも、そこに集中して力を注ぐことは意味が大きい。

ダニエル・カールさんは、山田町周辺を集中して支援している。
継続して援助している。

時と場合によるけれど、
100円のジュースを100人に配るより、
1人に1万円使った方が効果的なこともある。
私はそう思う。

ホントは個人じゃないけどね。
多くの人の力が集まるからできる事。
でも方法としては、個人だれもができる事。
そういう意味。


横道から入りたい車を入れてあげたよ。
でも入ったとたん、10mくらいで右折車線にいった。
私には何の影響もなかった。
いつもそう。
親切にして損をする事などほとんどない。

全然関係ないけど、「ほとんど」のことを「ほどんと」って言うオバサンいるよね。
ちょっと和む。
[PR]

by kabo518 | 2011-05-01 00:02 | 震災・支援