仙台空港周辺と支援物資

今日も岩沼方面へ荷物を持って出かけてきた。
提供してくださったみなさん、ありがとうございました。
c0016844_22431153.jpg

みなさんからの支援物資を仕分けして、地域や家族の年齢層に合わせて荷物を作る。
天気がよくて、本当に暖かくなった。
時間の経過を感じた。


仙台空港。ここまできれいに復旧した。
でも以前と同じ状態になるのは9月の予定。
c0016844_22455089.jpg

c0016844_224675.jpg


空港手前の和食処。
中は空洞。
c0016844_22463942.jpg



空港周辺
c0016844_224873.jpg

c0016844_22482916.jpg

c0016844_22485110.jpg

c0016844_2249237.jpg


++++++++++++++++++++++

<お礼の声>

内田史子さんより
c0016844_22522985.jpg

立派な素晴らしいものばかり頂き本当にありがとうございました。
ただただ驚いてしまいました。

すべてのものが、みなさんが大切になさっていたもので、それを協力させてもらってありがとうという心で提供してくださったなんて本当に本当に感激いたしました。

母の実家は牡鹿半島の鮎川という所です。
浜のほうの工場は壊滅状態で、高台にあり夏になると従兄弟たちとあそんだ家はぺしゃんこになり、土蔵も屋根部分がちょんと母屋にのっているのだそうです。

2月の半ばぐらいから母が実家に姉妹みんなで集まりたいと盛んに言い出し、
みんなから暖かくなったらねと言われていたのですが、こういう結果になるからだったのではないでしょうか。
跡をついだおばも、よほど怖かったのかもどりたくないと言い出し、塩釜にすむことになりました。
そちらにも今日いただいた品をもっていこうと思っております。
母からもくれぐれもよろしく申しあげてくださいとのことでした

本当にありがとうございました。




よしみ先生、今日もありがとう。
一気に物が無くなって淋しかったけど、
いろいろな品が豊かになったら気持ちにも余裕が出てきました。
立派なのばかりで今回も驚いた( ̄◇ ̄)です。

岩沼や石巻や大船度の方も喜ばれますね。
我が家はもうじゅうぶんです~。
私もこれからはお手伝い出来ます。

解説:この支援の中心人物・「NPO邦人ひとり」の渡部芳美さんは、専門学校の先生。
 (その他いくつかの仕事を持つ超多忙人)
 このメールは、生徒さんからのもの。

++++++++++++++++++++++++

下の記事の洗濯機がお店から配送されたそうです。
とても喜んでいただけました。
みなさんの支援金のおかげです。
ありがとうございました。



多くの方から、支援物資や支援金を送っていただいています。
1つの方法として支援金の事を書いてはありますが、
物資も支援金も、どうか無理のない範囲でお願いします。
「じっとなんかしていられない!」という気持ちの方のみで大丈夫ですから。
心の中で「がんばれ~」と応援してくれるだけでも、私自身は本当に十分です。
[PR]

by kabo518 | 2011-04-28 23:04 | 震災・支援