ちゃんぽんと母の日

c0016844_21493278.jpg

昨日はうんこ三女の車に長男と乗り込み、3人であちこち出かけた。
このメンツで出かけるのは初めてかも。
暴風雪の中、大沢イオンに到着。ここでリンガーハットを発見!
迷わず3人でちゃんぽん&皿うどんを食す。
知ってる?麺増量でも値段おんなじなんだよ、ちゃんぽんも皿うどんも。
辛さ調整もできるし。もちろん長男は麺2倍、辛さ2倍。

そのあと、定番31アイス。
外は雪なのに何やってんだか。
子どもと出かけたのは楽しかったんだけど、
出かけるだけでヘロヘロ。体力消耗。キビシイのう。

この前東京で、友人と母の日の話しになり。
子どもたちが母の日になんにもしてくれなかった事があり、
シレ~ッとテレビを見ている子どもたちに腹が立ち、
アンタタチは「母の日」とこんなに世の中からプレッシャーかけられる日でさえも、
こうして何の感謝もねぎらいもなく、母にごはんを作らせあたりまえの顔をしているのか、
いったいどこがどうなったらこういう無神経なことができるのか、
あーーけっこう、もーーけっこう、ありがとうのあの字もないような子に育てた親の顔が見てみたい!
とブチ切れたら、翌年丁寧な母の日感謝メッセージが子どもたちからきたのだと話したら、

おんなじおんなじ!!!!!!!と(笑)

別に、母の日に何かしてほしいというわけじゃないし、
○○の日という、人が勝手に作った日が大事だと本気で思っているわけではないけど、
それを揃いも揃って全員で無視するとは、いったい何事なのかと。
母の日とはもしかして、全国の母がブチ切れて、そこから子どもが母親の扱いを学ぶ日なのかも、とか、
大笑いで話した。
私たち、同じ年の母の日に、同じようにキレてたのかもね、とか。

「ありがとう」って、人から「言え」といわれて言うものではないから、
私は逆にあまのじゃくになっちゃう方だけど。
そう考えてみれば、子どもに対してありがとうって言い足りない母なのだった。
実は反省している。
[PR]

by kabo518 | 2011-02-08 22:06 | 家族