ねむいのにねむれない夜

だってね、
今さっき、おにぎり食べちゃったのね。
中身ははちみつ梅(いうほど甘くない)なのね。

ラップにごはんのっけて、
アヒアヒいいながら梅干入れてにぎるのね。
そこにアンデスのピンクの岩塩をね、ぱらぱらっと。
それから、ぱりぱりの焼き海苔をね。
ペタっとしてからひっくりかえして、今度はひし形にペタっと。
こうすると全面的に白い部分がかくれるでしょ。

それからラップをかぶせなおして、キュッとにぎるのね。
しばらくそのまま。
塩がごはんと海苔になじむようにね。

寒いときは手に抱えてほっぺたにくっつけて、
もっと寒いときはわきの下あたりにもぐらせて(おい)
あったけえあったけえと暖をとるのね。

それからラップを開くでしょ。
海苔の香りがぷ~~ん、なのね。
この香りをしばらく嗅ぐの。
スーハースーハーするの。
もうたまらんでしょ。最高でしょ。海苔でしょコレ。

あ~生きててよかった~
日本人でよかった~
もう死んでもいい~(よくない)

夜中のおにぎり。
ふふっ。(←きもっ)
[PR]

by kabo518 | 2009-11-24 00:43 | ひとりごと