東京珍道中チョコレート編

東京2日目。
この日はちょっとお仕事モード。
実はこの東京行きの目的は、生徒ちゃんのコンクール本選のため。
中華料理を食べて浮かれているわけにはいかない。
昼前に友人と合流し、コンクール前の腹ごしらえ。で、また中華(爆)
ここは前日の楊とはちがい、なんと申しましょうか。薬膳というのかな。そういう上品な料理。
話しと食べるのに夢中で画像とってません。おもしろくないしょ(^-^;
出場する生徒ちゃんは、この友人が引っ越すときに引き継いだ子なので、2人の先生ににらまれて、あ、いえ、あたたかく見守られてがんばって弾きました。よしよし、エラかった。
11歳の女の子が東京まで出てきてピアノ弾くだけでもエライよね~。無事終ってほっとした。

ところで。これはチョコレート編だったね(爆)
さきほどピアニストから奪ったチョコの解説をしなければ。
これなんですが。Cuoreneroというメーカー。イタリアのチョコレート。もちろんカカオ100%です。
コレステロール0%とまで書いてあるし。
「味どう?食べてみた?」というのでパキっと折って口に入れてみましたとさ。
カカオ100%というとちょっと酸味もあってエグい感じなんだけど、これはほんのり甘みがあって味がいい。もちろん砂糖などは入っていない。かなりおいしい。
・・・・・あれ・・?? いや、おいしいには違いないけれど、あれれ???
ちょっと待てよ。これチョコだよね。なんで辛いの?ピリピリするじゃん。
「ね~~、これおいしいけど辛いよ」と訴える。
「ちょっとパッケージ見せて」と私からチョコをひったくるピアニストU女史。
1秒後。「あれ、これペペロンチーノだって」とおっしゃる。なんですと!!!
なしてチョコなのにペペロンチーノ!!しんじられませんから~~~~。
さすがイタリアというか、さすがのワタクシもぶったまげました。辛いんだもん。
チョコレートダイエットなるものが話題になっているらしいけど、唐辛子ダイエットというのもあるよね。このチョコなら一石二鳥だってか(爆)
このチョコはそこらには売っていないはずなので、味見したい方は仙台までお越しください(笑)

こちらはフランスのチョコ。違う方からいただきました。
「かおるさんにはチョコ」というのが浸透しているようで感激でございます。
こちらもカカオ100% 「噛む にがい チョコレート」と書いてあるのがウケた。
これは丸いチョコチップになっていて、携帯容器までついている。
説明書を読むとまるでチョコサプリという感じ。
これなら手軽に持ち歩きできるし、ちょこっと食べたい時に便利。
これもなかなかおいしい。イタリアのより酸味があるけれど、大人のチョコですね~。冷蔵庫に入れて保存せよ、と書いてあるから、カカオ100%は温度に弱いらしい。

嬉しい嬉しいプレゼントなのでした。
[PR]

by kabo518 | 2005-03-29 19:00 | 日常