しんじらんない12月

子どもの頃は、年の瀬の雰囲気がもっと濃かったな。
それくらい、年末年始を重要に考えていたんだろうね。
新しい年を迎える準備や喜び。大掃除。
くす玉やしめ縄やお餅、お年玉。
その前にクリスマスなんぞがあって、
あのせわしない雰囲気が12月ってヤツだったのに。

なんだろねー。
わが家は年末もお正月も特別な事はしないし、
旅行にも行かないし、
お店も1日からあいてるし、
昨日も今日も明日もおんなじじゃん、の年末年始。
それでも、子どもが小さい頃はサンタクロースだ、お年玉だ、晴れ着だと苦心したものだけど。
今はこれだ。
まあ強いて言えば、大晦日に天ぷらを揚げてみんなでお蕎麦を食べるくらいなものか。
おせちはアンディが会社からもらってくるから作らないし。
紅白もみないし。
年賀状も仕事関係以外はシツレイしているし。
だいたい大掃除もしない。いつも年が明けてちょっと暖かくなった頃にしている(爆)
寒いのにヤッテランネー(-_-;)

こういう主婦がいるから日本の伝統行事は崩壊していくのです(爆)(爆)



c0016844_11305798.jpg

さっき郵便局に行こうと玄関を出たら、こんなことに・・・・。
庭師、毎年ごくろうさまです<(_ _)>
ピアノの生徒ちゃんたちが喜ぶだろうと、勝手に飾ってくれます(笑)
たまに風でふっとんでるんだけど。

小さな木の家は庭師の手作り。
確か、庭のラティスなどを作った時の廃材。
よく考えてみると、庭師もかなりクリエイティブな人だ。
ワタシとは違う分野のものを器用にシャカシャカ作ってしまう。
いらない帯からバッグや帽子とか。
水引やまつぼっくりでいろんな飾りとか。
何を見たわけでもなく、イメージから適当にやってしまう。
この勢いで、家中の大掃除もしてほしいが。
(☆_@;)☆ \(`-´メ)
c0016844_11373579.jpg


なんにもしないのがわが家の12月。
あ~考えるだけで疲れた(笑)
[PR]

by kabo518 | 2008-12-04 11:44 | 日常